BVE総武・成田線 BVE Index | Intoroduction | Screen Shot | Driving guidance | Down Load | Support | BBS


総武・成田線(千葉〜佐原間)とは?

 現在、東京・御茶ノ水〜錦糸町〜千葉〜佐倉〜成東〜八日市場〜銚子と結ぶ総武本線は、1894年12月に市川〜佐倉間が総武鉄道として開業した、千葉県で最も古い鉄道です。

1897年1月には、成田山新勝寺への参拝客輸送を目的とし、総武鉄道の成東方面延伸に先駆けて、現在の成田線となる下総鉄道(その後成田鉄道)として成田まで開業しました。
その後も延伸は続き、12月には滑川(現在の滑河駅)、翌年の2月には佐原まで開通し、1901年には現在の我孫子線も開通。
当初から日本鉄道海岸線(現在の常磐線)や総武鉄道との直通運転が行われており、現在につながる運転系統はこの頃すでに出来上がっていました。

 成田鉄道は1920年に国有化され成田線となり、佐原より先への延伸は国有化後となり、1931年に笹川、1933年に松岸まで開通し、成田空港への支線は国有から再び民営のJRとなった1991年に開通しました。

 近代化については、千葉から先は1965年の千葉〜四街道を皮切りに1986年までに順次成田まで複線化されましたが、未だに総武本線佐倉以東は単線のままです。
電化は、1968年に物井〜佐倉間の寺崎台地をトンネルで抜けるルートに変更した後に、千葉〜佐倉〜成田間が電化しましたが 総武本線佐倉以東は1974年にやっと電化と、路線名に反し千葉〜佐倉〜成田方面といったルートが本線格になりました。
それを示すかのように、下り列車は佐倉駅を出ると、成田線の列車は直線をスルー、総武本線の列車はうねうねとポイントを渡り八街方面へ向かいます。

そして、1991年の成田エクスプレス運転開始でその傾向がかなり強まった感があります。

 また、成田空港開港時には、鹿島港からのパイプライン開通までまでの暫定措置として、数年間、蘇我・鹿島神宮から成田市土屋(現在のイオン成田ショッピングセンター付近)までジェット燃料輸送を行っていました。
そのため、現在でも沿線には過激派の攻撃避けのため有刺鉄線や長大編成の貨物列車に対応するため、成田〜鹿島神宮間の各駅のやけに長い有効長など、その名残が各所に残っています。

 車両は総武・成田線では、普通列車に211系と113系が使用されていましたが両形式とも引退し、京浜東北線から来た209系に置き換えられました。
また、快速列車にE217系、特急列車がE259・255・E257系、貨物列車にEF64・EF210が使用され、冬は成田臨、夏はあやめ祭り臨に多彩な車両やってくるなど、バラエティーに富んでいます。




TOPへ
(C)Nakano_Kazusa 2013- All right reseved